移動報告について

以下、移動報告(電子マニフェスト制度)の流れです。

自動車の最終所有者が引取業者へ使用済自動車を引き渡し、
国土交通省へ、解体届出・永久抹消登録申請、及び自動車重量税還付の申請を行ないます。
( ただしこの申請処理は引取業者が代行することもあります )

廃車 買取

1.移動報告は、引取業者が資金管理法人に預託確認を行なった後に、
情報管理センター(財団法人 自動車リサイクル促進センター内)へ、
引取報告を行なうことでスタートします。

⇒情報センターは、自動車メーカー・輸入業者へ、
リサイクル料金の払渡しをおこないます。

2. 引取業者
①引取業者は使用済自動車を引取ります。
②引取報告を情報管理センターへ提出。
  ③引取証明書を自動車の最終所有者へ交付します。
  ④使用済自動車をフロン類回収業者へ引き渡し。
引渡報告を情報管理センターへ提出します。

3.フロン類回収業者
①使用済自動車を引き取ったフロン類回収業者は、
引取報告を情報管理センターへ提出します。
②フロン類を回収し、自動車メーカー・輸入業者へ引き渡します。
③自動車メーカー・輸入業者フロン類回収料金の支払いを受けます。
④使用済自動車を解体業者へ引き渡します。
⑤解体自動車の引渡報告、及びフロン類の引渡報告を、
情報管理センターへ提出します。

⇒自動車メーカー・輸入業者は、フロン類引渡後に、
情報センターへフロン類の引渡報告を提出します。

hit-air乗馬用エアバッグベスト

4.解体業者
①使用済自動車を引き取った解体業者は、
使用済自動車の引取報告を情報管理センターへ提出します。
②エアバッグ類を回収し、自動車メーカー・輸入業者へ引き渡します。
③自動車メーカー・輸入業者から、エアバッグ類回収料金等の支払いを受けます。
④解体自動車を粉砕業者へ引き渡します。
⑤解体自動車の引渡報告、及びエアバッグ類の引渡報告を、
情報管理センターへ提出します。

⇒自動車メーカー・輸入業者は、エアバッグ類引渡後に、
情報センターへエアバッグ類の引渡報告を提出します。

5.粉砕業者
①解体業者より解体自動車の引き渡しを受けます。
②解体自動車を引き取った粉砕業者は、
解体自動車の引取報告を情報管理センターへ提出します。
③ASRを自動車メーカー・輸入業者へ引き渡す。
④ASRの引渡報告を、情報管理センターへ提出します。

⇒自動車メーカー・輸入業者は、
ASRの引取報告を情報管理センターへ提出します。

*ASRとは、自動車破砕残さのことで、
自動車をリサイクルするときに発生する大量のゴミのこと。

フィルター « 商品ラインナップ « ドライバー向け自動車パーツおよびアクセサリー « ボッシュ・イン・ジャパン

移動報告(電子マニフェスト制度)の流れが一巡します。