今、一番欲しいのはソーラーパネルです

電気代の高騰とエネルギー転換政策の影響あって、太陽光発電を取り付ける家が増えているそうだ。

先日久しぶりに母の故郷に遊びに行ったら、従姉妹の実家の屋根にソーラーパネルが取り付けてあって驚いた。従姉妹本人(すでに結婚して家を出ている)も知らなかったようで、

『いつの間に…』

オール電化|(株)オクジ・(株)南大阪レモンガス_大阪府岸和田市_リフォーム・ガス・オール電化

とびっくりしていた。行ったときは夏だったが、母の地元はかなりな豪雪地帯。冬場はほとんど曇り空。屋根に雪が積もったらソーラーパネルはどうなるのか、果たして元は取れるのだろうかとちょっと気になったが、融雪設備も完備されているから大丈夫なのだろうか。少なくとも私の身近では、太陽光発電を取り入れた家第一号だった。



私の実家も父の定年を機に新築したのだが、オール電化で地熱の床暖房が入っている。住んでないので詳しいことは分からないのだが、エコだし、幾らか電気代が節約できるようだ。

このように新築の家に節電・エコな設備を取り入れたり、クリーンエネルギーを新たに導入したりすることは、もはや当たり前になってきている。エネルギーは使い捨てるのではなく、考えて使う時代になってきているのだ。

太陽光発電の売電ブログ

私自身は賃貸の集合住宅住まいなので、未だに従来通り、ガスと電気に頼る暮らしをしている。しかしもう少し値段が手ごろで物が手に入りやすくなれば、是非クリーンエネルギーの導入を検討したい。自家発電が当たり前になるのも、そう遠くはないだろう。