一番多い仕事の募集って何の仕事だろう

インターネットの求人情報を見ていると、その更新の頻度はやはり早いと実感します。

各企業の掲載期間がサイト上に記載されていて、仕事探しをしている人は、気になる仕事があれば期間内に応募しなければならないので、早く応募しないといけないという気にもさせられます。



一方フリーペーパーなどの紙媒体も毎週新しいものが発行され、業種ごとの特集が毎週のように組まれるなどして、利用者の関心を惹く工夫が随所に見られます。

飲食店の特集やドライバーの特集、中には業種を問わず未経験の仕事や、春には新卒者向けや学生向けの特集も組まれ、求職者の条件に合った特集が組まれているときは、より仕事を探し易いと言えるでしょう。

資格取得・就職内定 |キャンパスライフ:名古屋商科大学

しかし、そのように色々な特集が組まれていても、求人情報の中身を見ると、常に求人が多い業界と、そうでない業界に分かれるという傾向が見て取れます。

年間を通して最も求人が多い仕事は、販売や小売業などのサービス業で、業務内容は店頭での接客や営業の仕事になります。

次いで同じサービス業でも飲食店のホールや厨房スタッフの仕事、パチンコ店のホールの仕事も多く、また女性向けのアパレルやエステ関連など、美容系のサービス業も常に求人が見られる職種です。

平成25年度働き盛り世代就職支援セミナー・就職面接会開催のご案内 - 青森県庁ホームページ

他には家庭教師や塾講師など教育関連の仕事や工場での軽作業などがありますが、これら求人が多い仕事については、どれも未経験者OKという募集内容が多いのも特徴でしょう